挙母藩

   建物と街並み秋田県の城下町愛知県の城下町>挙母藩
愛知県の城下町
 ・ 吉田藩
 ・ 田原藩
 ・ 尾張藩
 ・ 岡崎藩
 ・ 西尾藩
 ・ 挙母藩
 ・ 刈谷藩
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
挙母藩概要
挙母藩概要: 慶長19年(1614)、三宅康貞が1万石で入封し挙母藩を立藩、元和5年(1619)、2代康信が伊勢亀山藩へ移封になり挙母藩は一時廃藩となります。寛永13年(1636)に3代康盛が再び挙母藩主に復権、しかし、寛文4年(1664)、4代康勝が田原藩(愛知県田原市)に移封となり陣屋も廃されます。天和元年(1681)、石川藩から本多忠利が1万石で入封、本多家も城主格でなかった為、陣屋をこの地に構え、寛延2年(1749)に3代忠央が相良藩(静岡県牧之原市)に移封になると安中藩(群馬県安中市)から内藤政苗が入封しました。内藤氏は2万石ながら城主格だった為、本格的な城郭が計画され周囲400間、本丸には3重櫓、二ノ丸には2重櫓の石垣などか建設されますが度重なる水害の為、安永8年(1779)、2代学文はこの地での築城を諦め、高台に七州城を築き藩庁を移します。以来、七州城を中心として藩政が行われ7代>内藤文成で明治維新を迎えています。
  スポンサーリンク
 

挙母藩歴代藩主
 藩主名藩主年間石高備考
初代三宅康貞1604〜1615年1万石 
2代三宅康信1615〜1620年1万石 
初代三宅康盛1636〜1657年1万石 
2代三宅康勝1658〜1664年1万石 
初代本多忠利1681〜1700年1万石 
2代本多忠次1700〜1711年1万石 
3代本多忠央1711〜1749年1万石 
初代内藤政苗1749〜1766年2万石 
2代内藤学文1766〜1794年2万石 
3代内藤政峻1794〜1813年2万石 
4代内藤政成1813〜1830年2万石 
5代内藤政優1830〜1851年2万石 
6代内藤政文1851〜1858年2万石 
7代内藤文成1858〜1871年2万石 

挙母藩
挙母藩:町並み 挙母藩:町並み 挙母藩:町並み 挙母藩:町並み 挙母藩:町並み
挙母藩城下町:名所・旧跡
七州城
七州城
七州城
桜城
桜城
桜城
洞泉寺
洞泉寺
洞泉寺
 
白
 
 
白
 
住宅設計

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「秋田県WEB観光案内所」は「秋田の歴史」、「羽州街道をゆく」、「秋田市歴史地図」、「あきた滝300」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「秋田のお寺」、「秋田の神社と神々」、「歴史道路報告書」、「佐竹氏と久保田城」、「秋田の温泉」、「有限会社建築相談センター」、「たった1人の秋田まちづくり委員会」、「秋田羽州街道ひとり旅」、「秋田県の建物と街並み」、「小野小町」、「秋田フィールドワーク」を参考にさせていただいています。